SENTIVAL! 2013 開催!
SENTIVAL!は、東京都豊島区にある小さな白い空間"atelier SENTIO"と、近隣のブラックボックスのアートスペース"SUBTERRANEAN"にて開催される、2008年からはじまった舞台芸術フェスティバルです。私たちはアーティストとアーティスト、観客と観客、そしてアーティストと観客との“交換”を大切にしたいと考えています。
公演スケジュールはこちら!  プログラムのGoogleカレンダーはこちら!
会場はこちら
atelier SENTIO アトリエセンティオ  >>地図はこちら
 (東武東上線「北池袋」徒歩3分/JR埼京線「板橋」徒歩6分)
SUBTERRANEAN サブテレニアン >>地図はこちら
 (東武東上線「大山」徒歩7分/都営三田線「板橋区役所前」徒歩3分)
※舞台公演のチケット予約は、各公演団体へお問い合わせください。
SENTIVAL!2013フリーパスについてはこちら。
NEWS!
SENTIVAL!2013、全プログラムが終了いたしました!
カンパニーそしてご来場のみなさま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激情コミュニティ『わたしは浅瀬で溺れています』


photo > Asa Kino

激情コミュニティ - わたしは浅瀬で溺れています

作・演出・振付:垣本朋絵

主人公フク子、26歳。生物名:はこふぐ。友達はいます(カニ)。彼氏もいます(ガンガゼ)。仕事もしてます(契約社員)。でも、わたしフク子は幸せなのでしょうか。いつも気づくと、海の底をのぞいています。そこには目が大きかったり、なかったりする奇妙な深海魚のみなさんが住んでいます。どうしてそんなところにいるの。光が、目がそんなになってしまうほど、光の届かない場所なのに。わたしは浅瀬でいい。浅瀬にいたい。でも、わたし、うまく泳げてる?そんな女の子(魚)のものがたり。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2013年7月
 5日(金)14:00 / 19:00
 6日(土)14:00 / 19:00★
 7日(日)13:00 / 18:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売・当日ともに 2,500円

激情コミュニティ(東京)

垣本朋絵主宰の演劇ユニット。言葉にできない表現と、言葉じゃなければできない表現を探求することを目的とし、「身体性の高い会話劇」を目指す。 【垣本朋絵】早稲田大学在学中にパントマイムをハッピィ吉沢氏に師事。2010年には伊藤キム氏主宰のダンスカンパニー輝く未来に学生ながら在籍する。自覚としては演劇人であるが、常に演劇、マイム、ダンスの現場に身を置きながら、身体を基盤とした独自の創作活動を行う。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 激情コミュニティ

 mail. gekicomi@yahoo.co.jp
 web. http://gekicomi.web.fc2.com/

上演時間(予定)70 min
スポンサーサイト

劇団市民劇場『心は故郷の空を飛んで』



劇団市民劇場 - 心は故郷の空を飛んで 마음은 고향 하늘을 날고

演出:Jang Kyung-Min / 張慶敏

大都市に嫁ぎ、夫のおかげで不自由なく生きてきた70代半ばの老婦人スンシムと、逃げるように故郷を離れて自力で生計を立ててきた老人マンボクは、偶然、公園で出会う。互いに夫、妻を失い一人暮らし。話をする中で偶然故郷が一緒であることに互いに気づきくが、自らを隠したまま、二人の老人の50余年前の過去の恋の話が続くが…

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2013年6月
 25日(火)19:30★
 26日(水)19:30

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売・当日ともに 2,000円

劇団市民劇場 극단 시민극장(韓国)

劇団市民劇場は1970年10月3日忠清北道初の劇団として創団。創団43周年を迎える忠清北道最高の歴史と伝統を持つ劇団市民劇場は、政府が初めて実施した全国アマチュア劇競演大会にて2回にわたり最優秀団体賞(文化広報部長官賞)と、81年全国演劇競演大会で最優秀団体賞(大統領賞)を受賞し、名実ともに地域最高の劇団として位置づけられるようになりました。 また、107回にわたる定期公演を通じて忠清北道を飛び出し、全国地域での持続的な活動はもちろん、日本、オーストラリア、トルコなど世界の芸術家及び観客との出会いも続けています。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 ユニークポイント

 mail. office@uniquepoint.org
 tel. 042-577-2366
 web. http://www.uniquepoint.org

上演時間(予定)70 min

雲の劇団雨蛙『盲人書簡』



雲の劇団雨蛙 - 盲人書簡

作:寺山修司
演出:寂光根隅的父(双身機関)

演劇実験室・天井桟敷により「見えない演劇」として、半分は真っ暗闇で上演された作品。観客は観たいシーンを俳優に配られたマッチを擦って観なければならかった。演劇と観客との関わり方そのものをテーマとしたこの作品は、明治維新から徐々に闇を奪われながら、とうとう原発事故に辿り着いた今の私たちにはよりリアルな演劇と思われる。今回の上演では半分の闇を越え、完全なる漆黒を通じ、もう一つの世界状態の現出を試みたい。

会場:SUBTERRANEAN

開演時間

 2013年6月
 28日(金)18:00
 29日(土)14:00 / 18:00★
 30日(日)14:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 一般 / 前売 2,500円 当日 3,000円
 学生(要学生証) / 前売 2,000円 当日 2,500円

雲の劇団雨蛙(島根)

作・演出家 岡田和歌冶と島根の女優 朝日山裕子のユニット。
2012年9月劇王X中国ブロック大会より活動開始。その時の演目「positive」を1000人に見てもらうべく、全国行脚中。また、5年後の劇団を想像し、全国で知り合った演劇人達と様々なプロジェクトを立ち上げ活動している。今回は「西向く士、東へ」プロジェクト第3弾として、演出家に寂光根隅的父氏(双身機関)を迎える。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 雲の劇団雨蛙

 mail. kumogeki.amagaeru@gmail.com
 tel. 080-1232-6459
 web. http://id29.fm-p.jp/339/amagaeru3/

上演時間(予定)60 min

ブルーノプロデュース・ワークショップ


photo > 青木司

ブルーノプロデュース
- ドキュメンタリーシリーズのワークショップ


講師:橋本 清

ブルーノプロデュースがこれまでに取り組んできた《ドキュメンタリーシリーズ》を体験してみませんか? 過去の記憶と体験を演劇化する—その創作過程で生み出された手法を用いて、演劇で扱われる/消費される《記憶》について考えるワークショップです。戯曲は一切使いません。参加者それぞれの過去の出来事をテキスト化していきます。事実(記憶)を出発点に、いかにして「演劇」という虚構の世界に羽ばたいていけるか。個人的な記憶を他者の記憶と交わらせながら、フィクションの語り方を模索していけたらと思います。様々な作品が生まれ、見守られ、あっという間に通りすぎてゆく"atelier SENTIO"という空間。《だれか》に向けての発表ではなく、観客としてでもなく、じっくりと《あなた》という立場でこの往来に加わってみませんか? 5月・6月と、二つの日程をご用意しました。経験不問。みなさまのご応募をお待ちしております。

会場:atelier SENTIO

ワークショップ開催日程

 2013年
 1)5月11日(土)18〜22時/12日(日)13〜21時
 2)6月29日(土)18〜22時/30日(日)13〜21時
 ※各回定員15名ほど(先着順)
 ※当日受付開始 各回開始20分前より
 ※1)と2)は同一のプログラムを予定

料金

 1)2)ともに 2,000円(要予約)

お申し込み先

 タイトルを「ワークショップ参加申込」とし、
 以下を明記の上、info@brunoproduce.net までお申し込みください。

  1)氏名(かな)  2)性別 3)年齢
  4)ご連絡先 5)活動経歴など(あれば)

お申し込み締め切り

 1)5月4日(土)24時
 2)6月22日(土)24時
  ※こちらからの返信をもってご予約完了となります。
  ※申し込みから3日以上連絡がない場合は、
   お手数ですが080-4344-4968までお問い合わせください。
  ※お預かりした情報はブルーノプロデュースが厳重に保管し、
   本企画に関する諸連絡以外に使用することはありません。

ブルーノプロデュース(東京)

rgb_hashimoto.jpg橋本清の作品を上演するための団体として2007年に設立。2011年劇団化。同年より、俳優たちの過去の記憶や体験を基に演劇作品を構成する《ドキュメンタリーシリーズ》を始動。2012年には東京都豊島区での「SENTIVAL!」福岡県北九州市の「えだみつ演劇フェスティバル」などに参加。主宰の橋本は2012年9月より「坂あがりスカラシップ」対象者となる。様々な土地や俳優たちとの出会いを作品に取り込んでいくのが特徴的。アナログな身体を持つ俳優たちに、フィジカルな≪思い出≫とデジタルな≪プロフィール≫をフィードバックさせ、≪記憶と記録≫の離散と集合、断片と連続を描いていく。フィクション&ノンフィクション/ミスター&チルドレンのジャンクションに立つ!

お問い合わせ

 ブルーノプロデュース

 web. http://brunoproduce.net

劇団渡辺『授業』



劇団渡辺 - 授業

原作:ウジェーヌ・イヨネスコ
構成・演出:渡辺亮史

2008年の初演以来、繰り返して上演してきた作品を再構成しての披露です。俳優のからだとせりふは一層鋭敏に。演出と仮託する世界は一新して瑞々しく、ばからしく。われわれと同じく戯曲『授業』にこだわる演劇人、あるいは「教育」か「演劇」への価値観がゆらいでいる(ゆるがせたい)鑑賞者に向けて制作するニッチな作品。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2013年6月
 21日(金)20:00
 22日(土)19:00★
 23日(日)15:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,000円 当日 2,500円
 学生 1,500円(要学生証)

劇団渡辺(静岡)

2004年結成。静岡県静岡市の劇場「アトリエみるめ」を拠点とし、アトリエでの公演や旅公演の他に野外劇、演劇カフェ、お祭りの舞台演出などを企画制作。イヨネスコ、ブレヒト、三島由紀夫などの戯曲を上演しつつ、演劇で生計を立てていこうという30代のメンバーを中心に静岡にて鋭意活動中。SENTIVAL!には6度目の参加。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 劇団渡辺(アトリエみるめ事務所内)

 mail. mail@mirume.org
 web. http://www7a.biglobe.ne.jp/~gekidan-watanabe/

上演時間(予定)70 min
チラシ
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

atelier SENTIO < > Reload

サイト内検索

Appendix

プログラム詳細!

ユニークポイント(東京)
百景社(茨城)
LiveUpCapsules(東京)
サイマル演劇団(東京)
ブルーノプロデュース(東京)
 ※ワークショップ
七感弥広彰(フランス)
カトリ企画(東京)
満塁鳥王一座(福島)
ケムリノケムリ(大阪)
劇ツク(東京)
劇団渡辺(静岡)
劇団市民劇場(韓国)
雲の劇団雨蛙(島根)
激情コミュニティ(東京)
仙台シアターラボ(仙台)

トーク!

各団体公演期間中、その上演作品の演出家を中心にゲストを交えてのポストトークを実施します。作品についてや、裏話など、話題満載のトーク!にぜひご参加ください! 会場のみなさんからの質問も受け付けます。創り手と客席のみなさんが交流できる時間にしたいと思います。

>>詳細はこちら!

フリーパス

SENTIVAL!の全演目が観劇できるフリーパスを今年も枚数限定にて販売します。(WSは除く)

料金:10,000円
販売枚数:10枚
お申し込み:atelier SENTIO
 ticket@atelier-sentio.org
受付開始:4月1日12:00より
※規定枚数に達し次第、締め切らせていただきます。

>>詳細はこちら!

会場

atelier SENTIO
アトリエセンティオ
〒170-0011 東京都豊島区
 池袋本町4-29-10-1F
(東武東上線"北池袋"徒歩3分
 /JR埼京線"板橋"徒歩6分)
tel. 03-5951-8854
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
SUBTERRANEAN
サブテレニアン
〒173-0013 東京都板橋区
 氷川町46-4 B1F
(東武東上線"大山"徒歩7分
/三田線"板橋区役所前"徒歩3分)
tel. 080-4205-1050
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
携帯サイト
QR
携帯からもSENTIVAL!のプログラムを確認できます!
atelier SENTIO について
 atelier SENTIO は演劇人による創り手の視点にたった稽古場です。腰を据えて稽古ができることを最優先に、運営にあたっています。
 小屋入りを前にして、時間がない、場所がない、とあきらめていることってありませんか?センティオとはラテン語で全身で感じる、という意味です。「アトリエセンティオ」は空きさえあれば、どなたでも利用できる稽古場です。自由に、どこまでも考え続けることができる場所へ。atelier SENTIO のご利用やお問い合わせなど、詳細はこちらへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。