SENTIVAL! 2013 開催!
SENTIVAL!は、東京都豊島区にある小さな白い空間"atelier SENTIO"と、近隣のブラックボックスのアートスペース"SUBTERRANEAN"にて開催される、2008年からはじまった舞台芸術フェスティバルです。私たちはアーティストとアーティスト、観客と観客、そしてアーティストと観客との“交換”を大切にしたいと考えています。
公演スケジュールはこちら!  プログラムのGoogleカレンダーはこちら!
会場はこちら
atelier SENTIO アトリエセンティオ  >>地図はこちら
 (東武東上線「北池袋」徒歩3分/JR埼京線「板橋」徒歩6分)
SUBTERRANEAN サブテレニアン >>地図はこちら
 (東武東上線「大山」徒歩7分/都営三田線「板橋区役所前」徒歩3分)
※舞台公演のチケット予約は、各公演団体へお問い合わせください。
SENTIVAL!2013フリーパスについてはこちら。
NEWS!
SENTIVAL!2013、全プログラムが終了いたしました!
カンパニーそしてご来場のみなさま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ort-d.d『夜と耳』

ort2012

Ort-d.d - 夜と耳

原作:坂口安吾『夜長姫と耳男』
構成・演出:倉迫康史

Ortを始めた時、いつか演劇にしたい文学作品がいくつかあった。鴎外『舞姫』漱石『こころ』安部公房『砂の女』夢野久作『少女地獄』は直接的に劇化した。乱歩の作品群は『乱歩プレイ』に、太宰の作品群は『冬の花火、春の枯葉』になり、芥川は『A・R』(如月小春作)を上演した。そして安吾の『夜長姫と耳男』である。安吾といえば『桜の森の満開の下』という人も多いが、なんてったって僕は夜耳派である。キリキリ舞うのだ。(倉迫)

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年7月
 12日(木)20:00★
 13日(金)16:00 / 21:00
 14日(土)15:00 / 20:00
 15日(日)14:00 / 19:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売・当日ともに 2,500円

Ort-d.d / オルト・ディー・ディー (東京)

にしすがも創造舎アソシエイトアーティストである倉迫康史を中心に活動。子供やファミリーが楽しめる名作文学を音楽劇化した作品群と重厚長大な台詞が交響曲のように響き合う台詞音楽劇とでもいうべき作品群の二つの系統を持つ。昨年は前者としてメーテルリンク『青い鳥』と宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を、後者としてジャン・ジュネ『女中たち』ハロルド・ピンター『いわばアラスカ』三島由紀夫『熱帯樹』を上演した。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 Ort-d.d

 mail. ortdd@amail.plala.or.jp
 web. http://www16.plala.or.jp/ort
 tel. 090-5199-3898 (公演期間中のみ)

上演時間(予定)50 min
スポンサーサイト

七ツ寺プロデュース『HR』

nanatsu2012
photo『HR』(2011)/ 構久夫

七ツ寺プロデュース - HR

構成・演出・美術:鳴海康平

日本の伝統とコンテンポラリーな身体性の融合、美しい空間構成を駆使する演出で高い評価を得る鳴海康平が現代小説からインスパイアされたいくつかのイメージの断片を手がかりに創り上げたパフォーマンス色の強い実験的な演劇作品。2011年に名古屋に1ヶ月滞在、現地の中堅・若手俳優と共同製作で立ち上げた舞台を、今回はさらに名古屋・東京の演劇人によるコラボレーション企画としてリニューアルする。

会場:SUBTERRANEAN

開演時間

 2012年7月
 5日(木)19:30★
 6日(金)19:30
 7日(土)14:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,000円 当日 2,500円
 学生前売 1,500円 学生当日 2,000円
 (学生料金は要学生証)

七ツ寺プロデュース(愛知)

創立40周年を迎える名古屋の老舗小劇場・七ツ寺共同スタジオが自主事業のために設立した企画団体。先鋭的な劇作家や演出家とタイアップした、また多ジャンルにまたがるコラボレーション作品などの製作に取り組んでいる。代表作として、大須観音境内演劇『大須の杜のマンカイの下』(作・演出:進藤則夫 1997年)、『SPOOON』(構成・振付:山崎広太 1998年)、『りすん』(原作:諏訪哲史、脚本・演出:天野天街 2010年)がある。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 七ツ寺企画

 mail. info@nanatsudera.org
 web. http://nanatsudera.org

上演時間(予定)60 min

Didier GALAS『Harlequin/Tengu bis』

didier2012

Didier GALAS - Harlequin/Tengu bis
ディディエ・ガラス - アルルカン(再び)天狗に出会う

作・演出・出演:ディディエ・ガラス / Didier GALAS

アルルカン(道化師)が嘘か誠か、自分自身の物語を語る。しかし、アルルカンの仮面には悪魔が潜んでおり、アルルカンを演じる俳優の言葉と身体を支配しようとする。この超自然的存在である悪魔は、次第に舞台作品全体を支配する。悪魔は、俳優や脚本家に対して怒り狂い、自分が何者であるかを訴えかける。悪魔は中国で鍾馗(しょうき)に出会い、日本で天狗に出会ったという体験を語る。しかし最後には、悪魔は何処かへ消えて無くなる。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年7月
 7日(土)19:30
 8日(日)15:00★
 9日(月)19:30

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売・当日ともに 3,000円 学生 2,000円(要学生証)

Didier GALAS(フランス) / アトリエ劇研(京都)

1985年フランス国立演劇高等学校に入学、クロード・レジなどのもとで訓練を積む。1998年ヴィラ九条山(京都)でのレジデンスを得て金剛流能楽師・宇高通成氏の元で能楽の修行を積む。狂言、京劇とのコラボレート作品『モンキービジネス』が2000年アヴィニョン国際演劇祭で初演、アルマダフェスティバル(ポルトガル)で大賞に輝く。2010年1月からブルターニュ国立劇場アソシエートアーティスト。
2010年、前作『アルルカン、天狗に出会う』が京都(第七回アトリエ劇研演劇祭)、東京、静岡(SPAC/Shizuoka春の芸術祭)で上演され好評を得る。これを受けた新作にて再び日本の観客と出会う。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 NPO劇研

 tel. 075-791-1235
 fax. 075-791-1966
 mail. info@gekken.net
 web. 近日公開

上演時間(予定)60 min
チラシ
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

atelier SENTIO < > Reload

サイト内検索

Appendix

プログラム詳細!

ユニークポイント(東京)
百景社(茨城)
LiveUpCapsules(東京)
サイマル演劇団(東京)
ブルーノプロデュース(東京)
 ※ワークショップ
七感弥広彰(フランス)
カトリ企画(東京)
満塁鳥王一座(福島)
ケムリノケムリ(大阪)
劇ツク(東京)
劇団渡辺(静岡)
劇団市民劇場(韓国)
雲の劇団雨蛙(島根)
激情コミュニティ(東京)
仙台シアターラボ(仙台)

トーク!

各団体公演期間中、その上演作品の演出家を中心にゲストを交えてのポストトークを実施します。作品についてや、裏話など、話題満載のトーク!にぜひご参加ください! 会場のみなさんからの質問も受け付けます。創り手と客席のみなさんが交流できる時間にしたいと思います。

>>詳細はこちら!

フリーパス

SENTIVAL!の全演目が観劇できるフリーパスを今年も枚数限定にて販売します。(WSは除く)

料金:10,000円
販売枚数:10枚
お申し込み:atelier SENTIO
 ticket@atelier-sentio.org
受付開始:4月1日12:00より
※規定枚数に達し次第、締め切らせていただきます。

>>詳細はこちら!

会場

atelier SENTIO
アトリエセンティオ
〒170-0011 東京都豊島区
 池袋本町4-29-10-1F
(東武東上線"北池袋"徒歩3分
 /JR埼京線"板橋"徒歩6分)
tel. 03-5951-8854
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
SUBTERRANEAN
サブテレニアン
〒173-0013 東京都板橋区
 氷川町46-4 B1F
(東武東上線"大山"徒歩7分
/三田線"板橋区役所前"徒歩3分)
tel. 080-4205-1050
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
携帯サイト
QR
携帯からもSENTIVAL!のプログラムを確認できます!
atelier SENTIO について
 atelier SENTIO は演劇人による創り手の視点にたった稽古場です。腰を据えて稽古ができることを最優先に、運営にあたっています。
 小屋入りを前にして、時間がない、場所がない、とあきらめていることってありませんか?センティオとはラテン語で全身で感じる、という意味です。「アトリエセンティオ」は空きさえあれば、どなたでも利用できる稽古場です。自由に、どこまでも考え続けることができる場所へ。atelier SENTIO のご利用やお問い合わせなど、詳細はこちらへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。