SENTIVAL! 2013 開催!
SENTIVAL!は、東京都豊島区にある小さな白い空間"atelier SENTIO"と、近隣のブラックボックスのアートスペース"SUBTERRANEAN"にて開催される、2008年からはじまった舞台芸術フェスティバルです。私たちはアーティストとアーティスト、観客と観客、そしてアーティストと観客との“交換”を大切にしたいと考えています。
公演スケジュールはこちら!  プログラムのGoogleカレンダーはこちら!
会場はこちら
atelier SENTIO アトリエセンティオ  >>地図はこちら
 (東武東上線「北池袋」徒歩3分/JR埼京線「板橋」徒歩6分)
SUBTERRANEAN サブテレニアン >>地図はこちら
 (東武東上線「大山」徒歩7分/都営三田線「板橋区役所前」徒歩3分)
※舞台公演のチケット予約は、各公演団体へお問い合わせください。
SENTIVAL!2013フリーパスについてはこちら。
NEWS!
SENTIVAL!2013、全プログラムが終了いたしました!
カンパニーそしてご来場のみなさま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A La Place『女がひとり』

alaplace2012
photo『授業』(2011)/ JPAF

A La Place - 女がひとり

作:ダリオ・フォー
演出:杉山剛志
出演:蔡恵美

良く晴れたある午後。一人の主婦と向かいに住む奥さんとの窓辺越しの日常的な出逢いと会話。「足りないものはなにもない…すべて!私はすべて持っている!」そして現れてくる、すべてを持っている主婦の非日常性と現実。ブラックユーモア満載の女ひとり芝居。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年6月
 26日(火)20:00★
 27日(水)15:00/20:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,000円 当日 2,500円

A La Place(東京)

演劇は『行動』の芸術であることを理念に2004年に結成し、既存の戯曲だけを扱い創作活動を行う。演出家の杉山は、ロシア国立モスソヴィエト劇場芸術副監督演出家に師事し、モスクワにて彼の演出助手としても活動している。2009年の日仏現代演劇文化交流プロジェクトにおけるフランス・パリ公演では好劇評が掲載される。イヨネスコ作『授業』で利賀演劇人コンクール2011に選出、女優蔡恵美(チェヘミ)が優秀演劇人賞を受賞。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 A La Place

 mail. alaplace.net@gmail.com
 web. http://www.alaplace.net

上演時間(予定)70 min
スポンサーサイト

ダンス×クラシック!

DC2012
nagaiPHOTOsugamoPHOTO
kino2012
photo by(上左)やましん(上右)芝弓子(中左)澄毅(下)奥山智明

ダンス×クラシック!

100年以上続く現役の教会で、
クラシック音楽の演奏と、
即興ダンスのコラボレーション。
気軽に、気楽に、
ダンスとクラシックを。



演奏:香取あさ(ピアノ/オルガン)・方波見智子(マリンバ)
ダンス:阿竹花子(5/21・6/27)、永井美里+木野彩子(6/6)

演奏家より
ピアノの香取あさ、パーカッションの方波見智子、共演は多かったがユニットを組むのは初めて。その二人が演劇祭で演奏。会場は教会。共演はダンサーという初めて尽くしのコンサートです。ピアノという馴染みのある打鍵楽器とアフリカが源流のマリンバという鍵盤打楽器、ふたつの楽器の魅力をとおして、音楽を楽しんでいただきます。

プログラム

1. 熊蜂の飛行(オペラ"サルタン皇帝"より)
 /リムスキー=コルサコフ作曲

2. アヴェ・マリア/グノー作曲

3. コラール「われを知り給え、わが守り手よ」
 コラール「いつの日かわれ去り逝くとき」
(マタイ受難曲Matth?us-Passion BWV244より)
バッハ作曲

4. 道化師のギャロップ 作品26-2 Op.26-2
(組曲道化師より)/カバレフスキー作曲

5. 白鳥(組曲 動物の謝肉祭より)
 /サン=サーンス作曲

6. バラフォンによる即興演奏

7. ガナイア/シュミット作曲

8. ルーマニア民俗舞曲 Sz.56
 /バルトーク作曲
 1. 棒踊り
 2. 飾り帯の踊り
 3. 踏み踊り
 4. 角笛の踊り
 5. ルーマニア風ポルカ
 6. 速い踊りM?nun?el,

9. チャールダーシュ/モンティ作曲

10. ハンガリー舞曲 第5番
 /ブラームス作曲

11. 剣の舞(バレエ「ガイーヌ」より)
 /ハチャトゥリアン作曲

※曲目または順序は変更される場合がございます。

会場:巣鴨教会

開演時間

 2012年
 5月21日(月)19:30 / 予約受付中
 6月6日(水)14:00 / 予約受付中
 6月27日(水)19:30 / 予約受付中

料金

 前売・当日ともに 2,000円

演奏家・ダンサー紹介

【香取あさ】
東京学芸大学芸術課程ピアノ選修卒業。同大学院器楽講座修了。第八回カワイクラシックオーディションピアノ伴奏部門入賞。2000年長岡国際ふゆのたびフェスティバル歌曲マスターコースにてロジャー・ヴィニョールズ氏に歌曲伴奏法を師事、修了コンサート出演。ピアノを三村精一、三村則子、椎野伸一の各氏に師事。現在横浜高等教育専門学校講師。複数の合唱団の伴奏ピアニストを務め主に合唱、声楽を中心に伴奏者として活躍している。

【方波見智子】
桐朋学園大学、スヴェーリンク音楽院卒。在蘭中からオーケストラやアンサンブルで活動。現在はマリンバ演奏、即興演奏、後進の指導で活躍。自宅で「スタジオ・バミ」(http://studio-bami.com)を主宰。昨年ガジュマル・アンサンブルとして、CD「リンバ・マリンバ・アット・ムサビ」リリース。

【阿竹花子】
3歳よりクラシックバレエを学び、93年渡英、London Studio Centre に於いてバレエ、コンテンポラリーダンスなどの訓練を受ける。在英中にMark Baldwin (現 Rambert Dance Company 芸術監督)振付作品に出演。帰国後、国内外でダンスカンパニーへの客演、ソロとして様々なアーティストとのコラボレーションを行う。静謐でしなやかな強靭さに満ちたダンスや振付は、国内外問わず高い評価を受ける。05年よりクリウィムバアニー、06年より俳優としても活動し、08年より鳴海康平とダンスユニット『旅居』を立ち上げるなど、多方面で活動。
 web. http://webtabii.blog95.fc2.com/

【永井美里】
横浜生まれ。6歳よりバレエをはじめる。2003年‐06年、英国ミドルセックス大学ダンス学部でコンテンポラリーダンスを学ぶ。スキナー・リリーシングやコンタクト・インプロビゼーションの影響を強く受け、身体への探求心を軸に、ダンサー/振付家として活動を始める。2007年より、劇場外での公演に取り組んでいたAAPA(アアパ/Away at Performing Arts)に参加し、様々な場所で踊る経験を積む。パフォーミング・アートを通じて、「誰もがもつ身体」と「日常にある環境」を、今、ここにあるものとしてあらためて意識し、共有する場をつくることを目指している。
 web. http://minori.aapa.jp/

【木野彩子】
札幌生まれ。幼少よりモダンダンスを始める。大学にて舞踊教育学を専攻。卒業後は牧野京子のもとで学び、ソロを中心に自らの身体と向かい合った作品作りを続けている。”Edge”で横浜市芸術文化振興財団賞を受賞。04年在外派遣研修員制度で渡仏、その後英国のRussell Maliphant companyのダンサーとして活動しながら、自身の作品を制作。09年に帰国。一般の人を巻き込んで制作過程をも作品に取り込む映像プロジェクト”AMANOGAWA プロジェクト”を開始。
6月1、2日巣鴨教会にて新作を発表予定(SENTIVAL!2012参加プログラム)。
 web. http://saikino.blogspot.com/ http://saikokino.blogspot.com/

お問い合わせ・チケット取り扱い

 atelier SENTIO

 ・お名前(ふりがな)、ご連絡先(tel&mail)、日時、枚数
  上記を明記の上、以下のアドレスへご連絡ください。

 mail. info@atelier-sentio.org

上演時間(予定)60 min

iaku『人の気も知らないで』

iaku2012
photo『エダニク』(真夏の會・再演 2011)/ 石川隆三

iaku - 人の気も知らないで

作・演出:横山拓也

日曜日の午後。無言の女たち。交通事故に遭った同僚のお見舞い帰り。受け入れ難い治療痕にショックを隠せないまま、帰り道にカフェでお茶する。今日は入院中の同僚を含む4人でやる予定だった、寿退社した別の同僚の結婚式の余興の打ち合わせをしなければいけないのだけど、気分じゃない。しかし時間もない。ケーキ食べたい。このあと歯医者行く。彼女たちにはそれぞれ事情がある。その事情の比較ほど無益なこともない。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年6月
 29日(金)19:30★
 30日(土)15:00 / 19:00
 7月1日(日)13:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,500円 当日 2,800円

iaku(大阪)

大阪の劇作家・演出家である横山拓也が立ち上げた演劇ユニット。各地域でオリジナル作品を発表しつつ、各地の演劇(作品および情報等)を関西に呼び込む橋渡し役になることを指針に、2012年から活動を開始。アンタッチャブルな設定を敷きながら、現代社会・市井の人にコミットする関西弁会話劇を持ち味に、今の大阪の演劇の形のひとつを届けられる存在になりたいと考えています。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 iaku

 mail. info@yokoyama-iaku.com
 web. http://www.yokoyama-iaku.com

上演時間(予定)80 min

ブルーノプロデュース『サモン』

bruno2012
photo『カシオ』(2011)/ 青木司

ブルーノプロデュース - サモン

構成・演出:橋本清
音楽:涌井智仁

≪ドキュメンタリーシリーズ≫第三弾。梅雨の季節を舞台に、俳優たちの「病気」の記憶を弄う。演劇という作り物の箱の中で、他人である登場人物たちの「感情」は何処に存するか。辛さは≪経験≫という矜持となり果て、センチメンタル極まりない回想のぬるま湯に、我々を浸からせる。あたたかでしなやかな連続と蓄積こそが、得体の知れないものの正体なのかもしれない。演出の力で飼い慣らすことなく、獣たちを解き放ちたい。

会場:SUBTERRANEAN

開演時間

 2012年6月
 20日(水)20:00
 21日(木)休演日
 22日(金)20:00
 23日(土)15:00 / 19:00
 24日(日)11:00★ / 15:00 / 19:00
 25日(月)15:00 / 20:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売・当日ともに 2,500円
 ユース(25歳以下) 前売・当日ともに 2,300円
 高校生以下 前売・当日ともに 1,500円
(プレビュー割・初日割・日曜夜割・平日昼割などあり
 詳細はブルーノプロデュースwebsiteにて)

ブルーノプロデュース(東京)

橋本清の作品を上演するための団体として、2007年に設立。ブルーノとはブラジル国籍を持つ橋本のブラジル名。アナログな身体を持つ俳優たちに、フィジカルな≪思い出≫とデジタルな≪プロフィール≫をフィードバックさせ、≪記憶と記録≫の離散と集合、断片と連続を描く。現在、記憶と記録を基にした≪ドキュメンタリーシリーズ≫を展開中。フィクション&ノンフィクション/ミスター&チルドレンのジャンクションに立つ!

お問い合わせ・チケット取り扱い

 ブルーノプロデュース

 tel. 080-4344-4968
 mail. info@brunoproduce.net
 web. http://brunoproduce.net

上演時間(予定)80 min

14+『土地/戯曲』

142012
photo『ゲハハ。』(2011)/ 南一康徳

14+ - 土地/戯曲

作:永山智行(劇団こふく劇場)
演出:中嶋さと

遠い町で、姉は死んだ。そして、その土地の土に深く埋葬された。やがて弟は成長し、埋められた姉の骨を探しに旅に出る。その土地を目指して。ーそんな弟をじっと見つめる姉が、いた。生者を見つめる、死者の視点。それはたとえば、俳優を見つめる、演出家の視点。これは、「姉」という「演出家」を通して、わたしたちが、今、「生きている」ということを「見つめる」ための、ドキュメンタリー演劇作品である。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年6月
 22日(金)19:30
 23日(土)15:00 / 19:30★
 24日(日)15:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,000円 学生 2,300円(要学生証)

14+(福岡)

2008年、福岡市で「劇団爆走蝸牛」として結成。別役実、イヨネスコ、岸田國士らの戯曲の他、岩井秀人(ハイバイ)書下ろし『おもてうら』等、精力的に活動。2010年の公演「14+」では、宮沢章夫氏(遊園地再生事業団)をドラマドクターに迎え、これを期に劇団名を改称。2009年 FFAC企画創作コンペティション(A.チェーホフ『結婚申込』)最優秀作品賞、観客賞受賞。2009~2011年福岡演劇フェスティバル 3年連続出場。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 14+

 tel. 090-9487-6412(村上)
 mail. bakukata@ab.auone-net.jp
 web. http://14plus.web.fc2.com

上演時間(予定)80 min
チラシ
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

atelier SENTIO < > Reload

サイト内検索

Appendix

プログラム詳細!

ユニークポイント(東京)
百景社(茨城)
LiveUpCapsules(東京)
サイマル演劇団(東京)
ブルーノプロデュース(東京)
 ※ワークショップ
七感弥広彰(フランス)
カトリ企画(東京)
満塁鳥王一座(福島)
ケムリノケムリ(大阪)
劇ツク(東京)
劇団渡辺(静岡)
劇団市民劇場(韓国)
雲の劇団雨蛙(島根)
激情コミュニティ(東京)
仙台シアターラボ(仙台)

トーク!

各団体公演期間中、その上演作品の演出家を中心にゲストを交えてのポストトークを実施します。作品についてや、裏話など、話題満載のトーク!にぜひご参加ください! 会場のみなさんからの質問も受け付けます。創り手と客席のみなさんが交流できる時間にしたいと思います。

>>詳細はこちら!

フリーパス

SENTIVAL!の全演目が観劇できるフリーパスを今年も枚数限定にて販売します。(WSは除く)

料金:10,000円
販売枚数:10枚
お申し込み:atelier SENTIO
 ticket@atelier-sentio.org
受付開始:4月1日12:00より
※規定枚数に達し次第、締め切らせていただきます。

>>詳細はこちら!

会場

atelier SENTIO
アトリエセンティオ
〒170-0011 東京都豊島区
 池袋本町4-29-10-1F
(東武東上線"北池袋"徒歩3分
 /JR埼京線"板橋"徒歩6分)
tel. 03-5951-8854
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
SUBTERRANEAN
サブテレニアン
〒173-0013 東京都板橋区
 氷川町46-4 B1F
(東武東上線"大山"徒歩7分
/三田線"板橋区役所前"徒歩3分)
tel. 080-4205-1050
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
携帯サイト
QR
携帯からもSENTIVAL!のプログラムを確認できます!
atelier SENTIO について
 atelier SENTIO は演劇人による創り手の視点にたった稽古場です。腰を据えて稽古ができることを最優先に、運営にあたっています。
 小屋入りを前にして、時間がない、場所がない、とあきらめていることってありませんか?センティオとはラテン語で全身で感じる、という意味です。「アトリエセンティオ」は空きさえあれば、どなたでも利用できる稽古場です。自由に、どこまでも考え続けることができる場所へ。atelier SENTIO のご利用やお問い合わせなど、詳細はこちらへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。