SENTIVAL! 2013 開催!
SENTIVAL!は、東京都豊島区にある小さな白い空間"atelier SENTIO"と、近隣のブラックボックスのアートスペース"SUBTERRANEAN"にて開催される、2008年からはじまった舞台芸術フェスティバルです。私たちはアーティストとアーティスト、観客と観客、そしてアーティストと観客との“交換”を大切にしたいと考えています。
公演スケジュールはこちら!  プログラムのGoogleカレンダーはこちら!
会場はこちら
atelier SENTIO アトリエセンティオ  >>地図はこちら
 (東武東上線「北池袋」徒歩3分/JR埼京線「板橋」徒歩6分)
SUBTERRANEAN サブテレニアン >>地図はこちら
 (東武東上線「大山」徒歩7分/都営三田線「板橋区役所前」徒歩3分)
※舞台公演のチケット予約は、各公演団体へお問い合わせください。
SENTIVAL!2013フリーパスについてはこちら。
NEWS!
SENTIVAL!2013、全プログラムが終了いたしました!
カンパニーそしてご来場のみなさま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木野彩子

kino2012
photo『Edge』(2010)/ 奥山智明

木野彩子 - (タイトル未定)

構成・演出:木野彩子

縁あって母校のそばの小さな教会と出会いました。新しくもなく、俗にいう「キレイ」という感じでもなく、しかし100年以上の時を重ねて地元とともにあるその姿にとても興味を持ちました。建物のもつ記憶の糸をたどります。
上演前後にロビーにて川崎市アートセンターアルテリオ小劇場にて制作した映像作品「AMANOGAWA 新百合ケ丘20120311」をあわせてご覧いただけます。

会場:巣鴨教会

開演時間

 2012年6月
 1日(金)19:30★
 2日(土)18:30

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売・当日ともに 2,000円

木野彩子(東京)

札幌生まれ。幼少よりモダンダンスを始める。お茶の水女子大学にて舞踊教育学を専攻。卒業後は牧野京子のもとで学び、ソロを中心に自らの身体と向かい合った作品作りを続けている。”Edge”で横浜市芸術文化振興財団賞を受賞。英仏でのカンパニーダンサー生活を経て、今に至る。最近は一般の人を巻き込んで制作過程をも作品に取り込む映像プロジェクトを開始。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 キノコチケット

 mail. kinokoticket@hotmail.co.jp
 web. http://saikino.blogspot.com http://saikokino.blogspot.com

上演時間(予定)60 min
スポンサーサイト

カトリ企画ANNEX『ひとり芝居集~蜜/夜光』

katori2012

カトリ企画ANNEX - ひとり芝居集~「蜜」/「夜光」~

原作:泉鏡花・室生犀星
構成・演出:島貴之(aji)・酒巻誉洋

ツアーで行く金沢に憧れを抱き四校トリオの文豪泉鏡花、室生犀星をとりあげた。鏡花「夜行巡査」を酒巻誉洋演出で森田祐吏(北京蝶々)が、犀星「蜜のあわれ」を島貴之(aji)演出で小菅紘史(第七劇場)が演じる。小説を元にインスパイアされた世界をひとり芝居として構成し、人の感情の不合理さ、不可解さを探る。豊かな可能性を感じる「ひとり芝居」に挑戦したいと考えています。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年6月
 2日(土)15:00 / 19:30★
 3日(日)11:00 / 15:00 / 18:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売・当日ともに 2,500円

カトリ企画(東京)

批評家カトリヒデトシがプロデュースする個人企画。普段一緒にやらない知らない人同士を招き作品を作る。2011年6月にSENTIVAL!で旗揚げ。以来、演劇本公演はURレーベルで4回。ANNEXは「劇作家によるリーディング」、「UR演出家によるWS」や演劇同人誌「BOLLAD」創刊、文学同人誌の若者むけの「リーディング読書会」など、普及を目標に掲げ機動的なレーベルとして活動中。今回は「宅配演劇」として、本作品を津、大阪、金沢に配達する。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 カトリ企画

 CoRich!チケット
 tel. 090-2684-6173(カトリ企画制作)
 mail. katorikikaku@gmail.com
 web. http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=28358

上演時間(予定)75 min

shelf『 edit 』

shelf2012
photo『Untitled』(2011)/ 原田真理

shelf - edit

構成・演出:矢野靖人

自分のことをどうにも分かって貰えないような他者の存在にこそ“感謝”することが出来るか? という意味での他者への想像力。それは今・この時代を生きる我々の生きる意味、のようなものの謂いであると思う。個が個であることのどうしようもなさを描きたい。様々なテクストをコラージュした作品になると思う。戯曲ありきではなく稽古場で集団から身体から、そして交わされる言葉から立ちあげる舞台作品を作りたいと思う。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年5月
 24日(木)20:00
 25日(金)20:00★
 26日(土)14:00 / 19:00
 27日(日)14:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,500円 当日 2,800円 学生 2,000円(要学生証)

shelf(東京・愛知)

"shelf"はbook shelf(本棚)の意。沢山のテキストが堆積・混在する書架をモチーフに活動を展開。俳優の「語り」に力点をおきつつ、古典、近代戯曲を主な題材として舞台作品を制作し続けている。2008年8月『Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―』(作/ヘンリック・イプセン )にて利賀演劇人コンクール2008最優秀演劇人賞。2011年『構成・イプセン―Composition/Ibsen』にて名古屋市民芸術祭賞受賞。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 shelf

 tel. 090-6139-9578
 mail. info@theatre-shelf.org
 web. http://theatre-shelf.org

上演時間(予定)70 min

LiveUpCapsules『大盈若沖』

luc2012
photo『紙一枚の才』(2011)/ 佐藤太志朗

LiveUpCapsules - 大盈若沖

作・演出 > 村田裕子

江戸中期、京都。青物問屋のおっとりした長男坊がいた。酒にも女にも興味がなく、学もなく、仕事への熱も余りなかった。ただ、ひたすらに絵を描いていた。伊藤若冲である。色彩豊かで精緻な描写は、大変な人気を博す事になる。しかし、なぜか若冲が晩年に繰り返し描いたのは、全く異なる印象の、淡く柔らかい人形の絵なのであった。

会場:SUBTERRANEAN

開演時間

 2012年5月
 10日(木)19:30
 11日(金)19:30★
 12日(土)14:00 / 18:00
 13日(日)14:00 / 18:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,200円 学生 2,500円
(着物特典有:詳細は劇団サイトへ)

LiveUpCapsules(東京)

全公演にて、多面舞台(多面客席)の舞台作りを継続して行っております。演者の演技・音響・照明・舞台美術・衣装等、多方向に向けての表現を意識しております。舞台と観客との垣根を取り払い、同じ空間にいる意識を共有する為です。物語を『うねらせ』、劇場全体を巻き込んだ異空間を作り出すことを目指しております。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 LiveUpCapsules

 tel. 070-5459-1142
 mail. info@pltra.com
 web. http://www.pltra.com

上演時間(予定)60 min

百景社『女生徒』

hyakkeisya2012
photo『斜陽』(2011) / 滝原逸郎

百景社 - 女生徒

原作:太宰治
構成・演出:志賀亮史

つくば、静岡、三重、大船渡で上演した一人芝居『走れメロス』、昭和の趣の残る邸宅の庭先で上演した『斜陽』と、2011年太宰作品を立て続けに上演してきた百景社が今度は、朝起きてから寝るまでの一日を14歳の少女の視点から描いた太宰中期の作品、『女生徒』に挑戦する。百景社×太宰作品、3作目。新作。ペコリ。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 2012年5月
 12日(土)19:30★
 13日(日)14:00

 ★トーク!実施回(終演後)

料金

 前売 2,000円 当日 2,500円

百景社(つくば)

2000年、茨城県つくば市を拠点に活動を始める。演劇は「場」の芸術であるという理念のもと、活動当初より野外公演や田んぼでの公演、石組の元米備蓄倉庫など、既成の劇場空間に留まらない公演活動を展開、演劇の新たな可能性を追求している。イヨネスコ作『授業』で、演出の志賀亮史と俳優の村上厚二が利賀演劇人コンクール2009優秀演劇人賞を受賞。同作品で2011年、中国山東省で行われたBeSeTo演劇祭に参加。

お問い合わせ・チケット取り扱い

 百景社

 tel. 029-879-0025
 mail. hyakkeisya@gmail.com
 web. http://www17.plala.or.jp/hyakkeisya

上演時間(予定)60 min
チラシ
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

atelier SENTIO < > Reload

サイト内検索

Appendix

プログラム詳細!

ユニークポイント(東京)
百景社(茨城)
LiveUpCapsules(東京)
サイマル演劇団(東京)
ブルーノプロデュース(東京)
 ※ワークショップ
七感弥広彰(フランス)
カトリ企画(東京)
満塁鳥王一座(福島)
ケムリノケムリ(大阪)
劇ツク(東京)
劇団渡辺(静岡)
劇団市民劇場(韓国)
雲の劇団雨蛙(島根)
激情コミュニティ(東京)
仙台シアターラボ(仙台)

トーク!

各団体公演期間中、その上演作品の演出家を中心にゲストを交えてのポストトークを実施します。作品についてや、裏話など、話題満載のトーク!にぜひご参加ください! 会場のみなさんからの質問も受け付けます。創り手と客席のみなさんが交流できる時間にしたいと思います。

>>詳細はこちら!

フリーパス

SENTIVAL!の全演目が観劇できるフリーパスを今年も枚数限定にて販売します。(WSは除く)

料金:10,000円
販売枚数:10枚
お申し込み:atelier SENTIO
 ticket@atelier-sentio.org
受付開始:4月1日12:00より
※規定枚数に達し次第、締め切らせていただきます。

>>詳細はこちら!

会場

atelier SENTIO
アトリエセンティオ
〒170-0011 東京都豊島区
 池袋本町4-29-10-1F
(東武東上線"北池袋"徒歩3分
 /JR埼京線"板橋"徒歩6分)
tel. 03-5951-8854
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
SUBTERRANEAN
サブテレニアン
〒173-0013 東京都板橋区
 氷川町46-4 B1F
(東武東上線"大山"徒歩7分
/三田線"板橋区役所前"徒歩3分)
tel. 080-4205-1050
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
携帯サイト
QR
携帯からもSENTIVAL!のプログラムを確認できます!
atelier SENTIO について
 atelier SENTIO は演劇人による創り手の視点にたった稽古場です。腰を据えて稽古ができることを最優先に、運営にあたっています。
 小屋入りを前にして、時間がない、場所がない、とあきらめていることってありませんか?センティオとはラテン語で全身で感じる、という意味です。「アトリエセンティオ」は空きさえあれば、どなたでも利用できる稽古場です。自由に、どこまでも考え続けることができる場所へ。atelier SENTIO のご利用やお問い合わせなど、詳細はこちらへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。