SENTIVAL! 2013 開催!
SENTIVAL!は、東京都豊島区にある小さな白い空間"atelier SENTIO"と、近隣のブラックボックスのアートスペース"SUBTERRANEAN"にて開催される、2008年からはじまった舞台芸術フェスティバルです。私たちはアーティストとアーティスト、観客と観客、そしてアーティストと観客との“交換”を大切にしたいと考えています。
公演スケジュールはこちら!  プログラムのGoogleカレンダーはこちら!
会場はこちら
atelier SENTIO アトリエセンティオ  >>地図はこちら
 (東武東上線「北池袋」徒歩3分/JR埼京線「板橋」徒歩6分)
SUBTERRANEAN サブテレニアン >>地図はこちら
 (東武東上線「大山」徒歩7分/都営三田線「板橋区役所前」徒歩3分)
※舞台公演のチケット予約は、各公演団体へお問い合わせください。
SENTIVAL!2013フリーパスについてはこちら。
NEWS!
SENTIVAL!2013、全プログラムが終了いたしました!
カンパニーそしてご来場のみなさま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンペ SNAA2011 上演審査団体決定

SENTIVAL! コンペティション SNAA2011

お送りいただいたご応募より、一次審査を通過し、
上演審査(二次審査)をおこなうカンパニーおよび上演内容が決定いたしました。

今回は1カンパニーのみが一次審査通過となり、
上演による受賞の可否を審査することとなりました。
そのため、予定の上演日を変更し、数ステージ上演いたします。

観客のみなさまの反応も参考とさせていただきたいので、
ぜひみなさま、ご来場くださいませ。



noah01.jpg


ノアノオモチャバコ - 果実

作・演出:寺戸隆之

だれがこまどりころしたの?
わたしとすずめがいいました
わたしのゆみやで
わたしがころした

マザーグース“Who killed Cock Robin?”を背景に語られる、庭師の告白。

「ここに一つの記録がある。この記録はこの事件に関係が深かったと思われる4人の記憶のみで構成されている。故に、時間の流れ、話の細部に至っては不正確な箇所も少なからずある事をご了承いただきたい。」

会場:atelier SENTIO

開演時間

 7/1(金)20:00 ※公開ゲネ
 7/2(土)15:00 / 19:00★
 7/3(日)15:00☆
  ★=終演後「トーク!」実施
  ☆=公開審査協議(予定)

料金

 前売・当日 1200円
 公開ゲネ(7/1)800円

ノアノオモチャバコ

2001年、寺戸隆之(脚本・演出)が上智大学ロシア語学科在籍中に演劇ユニットとして旗揚げ。9作品を発表後、ユニットを解散。2006年に俳優・ダンサーを所属メンバーに加え劇団として再結成。東京を拠点に、年2~4本の新作を上演している。人に囲まれても孤独だと感じる、都会の矛盾した感覚を創作の基点とする。身体の衝動と抑制を使い、存在の不確かさを空間に浮き彫りにしていく演出で、創作戯曲の上演のほか、日本・海外戯曲のリ・クリエーションを手掛けている。その現実をデフォルメした空間造形は、「立体的なアルバムを見ているようだ」と評される。

利賀演出家コンクール(2007年)、利賀演劇人コンクール(2008年、2010年)において、富山県・利賀芸術公園で野外上演を行う。審査員から「空間を利用して、作品の重層構造が明確にきめ細かく提示されており<演出>の存在を感じさせる」と評価を受ける。2008年、観客がビル内を自由に移動して観劇する、2演目同時開演・終演作『246』(作 寺戸隆之)を企画上演。2009年、東京・中野に竣工した劇場HOPEにて、新劇場柿落とし公演『かもめ』(作 チェーホフ)を上演。2010年上演作『動機』(作 ギィ・フォワシィ)で、ギィ・フォワシィ演劇コンクールAGF賞受賞。

チケット取り扱い

ノアノオモチャバコ
 mail. info@noa-toybox.com
 tel. 090-9109-9209
 web. http://www.noa-toybox.com/

コンペ SNAA2011 お問い合わせ

SENTIVAL!運営事務局
 info@atelier-sentio.org
スポンサーサイト

満塁鳥王一座 - キル兄(あん)にゃとU子さん

tori2011

満塁鳥王一座 - キル兄(あん)にゃとU子さん

作・演出:大信ペリカン

U子さんの町にはキル兄(あん)にゃが住んでいます。キル兄にゃというのはあだ名です。なぜそう呼ばれているかというと、彼が家中の本を切り刻んでは町中に撒き散らすからで、おかげで町には至る所に切れ端が積もり、道を歩くのも一苦労という有り様です。町の人たちは、いずれ家の本がなくなればやめるさと大きく構えていたのですが、不幸なことにキル兄にゃの家は古本屋で、切り刻む本はまだ底をつきそうになかったのでした。

会場:SUBTERRANEAN

開演時間

 6/25(土)15:00 / 20:00★
 6/26(日)14:00
  ★=終演後「トーク!」実施

料金

 前売 2,000円 当日 2,500円
 学生 1,000円(要学生証)

満塁鳥王一座

‘96年旗揚げ。野外テントを出発点に、アングラ→現代口語→対話を廃したモノローグ演劇と、「近代演劇」からの脱却あるいは批判をテーマに「今ここにあるべき演劇の姿」を模索しつつも、未だ定まったスタイルを見つけられない迷い鳥集団。この旅は死ぬまで続く気がする今日この頃である。代表作はギリシャ悲劇を題材に、モノローグによる多角的な視点を構築することで孤立する現代人の復讐の形を表現した「エレクトラ」など。

お問い合わせ・チケット取り扱い

満塁鳥王一座
 mail. info@toriking.net
 web. http://www.toriking.net

KAG - KAG48ノOedipusTyrannus

_KAG48_C.jpg

KAG - KAG48ノOedipusTyrannus

2011年3月、静岡県舞台芸術公園での『La+laboratory#1 in Shizuoka 虎の穴』に於いて密かに上演され好評をはくした「オイディプス王」。より濃厚にSENTIVAL2011にて再演!是非劇場でご覧ください!!

原作:ソフォクレス
構成・演出:石井幸一

出演:前島謙一、小助川玲凪、沖渡崇史、鈴木正孝

会場:atelier SENTIO

開演時間

 6/25(土)13:00 / 17:30
 6/26(日)14:00
 ※「トーク!」は25日に満塁鳥王一座と共同実施(会場はSUBTERRANEAN)

料金

 般前売り・当日ともに 2,000円
 学生 1,500円(要予約・受付にて学生証提示)

KAG

2002年12月末日、東京農業大学の地下で結成された劇団。横溝正史の小説を連続して舞台化。硬質な美術、変態する肉体がチャームポイント。最近は近代戯曲にも意欲的に取り組む。農大の近辺か農園の近辺で製作を行っている。利賀演出家コンクール2007優秀演出家賞受賞、利賀演劇人コンクール2009優秀演劇人賞受賞。

お問い合わせ・チケット取り扱い

KAG
 mail. info@1tokukai.org
 web. http://www.1tokukai.org

劇団渡辺 - 椅子

watanabe2011

劇団渡辺 - 椅子

原作:ウージェーヌ・イヨネスコ
構成・演出:渡辺亮史

1952年、仏パリにて発表された「不条理演劇」の草分けと呼ばれがちな一作を、シルヴィ・バルタンの音楽と。・・・舞台は水上の一室。そこに住む老夫婦のもとに次々と訪れる客たちの姿はなぜか透明。二人は一大講演に向け見えない観客と大格闘する・・・。イヨネスコ戯曲作品を見てみたい方、イヨネスコ戯曲をもう一度考えたい方、イヨネスコについて語りたい方々必見。日本人とイヨネスコをつなぐ硬軟とり合わせた演出。解説つき。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 6/11(土)15:00 / 19:00★
 6/12(日)15:00
  ★=終演後「トーク!」実施

料金

 前売 2,000円 当日 2,500円
 学生 1,500円(要学生証)

劇団渡辺

2004年結成。静岡市を拠点に東京、愛知、大阪など旅公演ほか県内外にて活動中。古典的戯曲を使用したパワフルな小劇場演劇を発表する一方、ストリートパフォーマンス、バーでのライブ、ローカルCM出演等、幅広く地域に密着した活動も展開。レパートリーにシェイクスピア、ブレヒト、イヨネスコ、三島由紀夫など。非日常的な日本語の魅力と息詰る身体表現、諧謔的な演出で、金や他人や日常に倦んだ大人に向けた舞台を披露します。

お問い合わせ・チケット取り扱い

劇団渡辺
 tel. 090‐7687‐3070
 mail. gekidanwatanabe@yahoo.co.jp
 web. http://ameblo.jp/gekidanwatanabe

けのび《新しい宿に寄せて》

kenobi2011

けのび - 《新しい宿に寄せて》

"よさ"とはなにか。パフォーマンスワークと抽象化・演出化を繰り返し、"よい"と信じうる「心がけ」を生み出す。そのプロセスの公開および、信じている状態自体をライトアップする上演パフォーマンスを行なう。これはワークインプログレスです。

会場:atelier SENTIO

開演時間

 4/19(火)・25(月)
 5/9(月)・17(火)★・23(月)
 6/7(火)・21(火)
 各回20:00開演
  ★=終演後「トーク!」実施

料金

 前売・当日 1,500円

楽日の上演UST

 http://www.ustream.tv/recorded/15523022

けのび

2009年に新宿で結成。生活局面をも含む「劇」というアイデアを基点に、公共空間におけるパフォーマンスや様々な地域活動へのコミット等、まっとうなプロジェクトの数々で地味な注目を集めている。「いかにしてともに生きるか」をテーマに、記憶と認知の統合点ぎりぎりを突くやり口は「痴呆症の芸術」とも評される。また、徹底した明晰さから生み出される抽象的な身体は、舞踏の文脈においても定評がある。

お問い合わせ・チケット取り扱い

けのび
 mail. co.kenobi@gmail.com
 web. http://kenobi-.tumblr.com
チラシ
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

atelier SENTIO < > Reload

サイト内検索

Appendix

プログラム詳細!

ユニークポイント(東京)
百景社(茨城)
LiveUpCapsules(東京)
サイマル演劇団(東京)
ブルーノプロデュース(東京)
 ※ワークショップ
七感弥広彰(フランス)
カトリ企画(東京)
満塁鳥王一座(福島)
ケムリノケムリ(大阪)
劇ツク(東京)
劇団渡辺(静岡)
劇団市民劇場(韓国)
雲の劇団雨蛙(島根)
激情コミュニティ(東京)
仙台シアターラボ(仙台)

トーク!

各団体公演期間中、その上演作品の演出家を中心にゲストを交えてのポストトークを実施します。作品についてや、裏話など、話題満載のトーク!にぜひご参加ください! 会場のみなさんからの質問も受け付けます。創り手と客席のみなさんが交流できる時間にしたいと思います。

>>詳細はこちら!

フリーパス

SENTIVAL!の全演目が観劇できるフリーパスを今年も枚数限定にて販売します。(WSは除く)

料金:10,000円
販売枚数:10枚
お申し込み:atelier SENTIO
 ticket@atelier-sentio.org
受付開始:4月1日12:00より
※規定枚数に達し次第、締め切らせていただきます。

>>詳細はこちら!

会場

atelier SENTIO
アトリエセンティオ
〒170-0011 東京都豊島区
 池袋本町4-29-10-1F
(東武東上線"北池袋"徒歩3分
 /JR埼京線"板橋"徒歩6分)
tel. 03-5951-8854
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
SUBTERRANEAN
サブテレニアン
〒173-0013 東京都板橋区
 氷川町46-4 B1F
(東武東上線"大山"徒歩7分
/三田線"板橋区役所前"徒歩3分)
tel. 080-4205-1050
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
携帯サイト
QR
携帯からもSENTIVAL!のプログラムを確認できます!
atelier SENTIO について
 atelier SENTIO は演劇人による創り手の視点にたった稽古場です。腰を据えて稽古ができることを最優先に、運営にあたっています。
 小屋入りを前にして、時間がない、場所がない、とあきらめていることってありませんか?センティオとはラテン語で全身で感じる、という意味です。「アトリエセンティオ」は空きさえあれば、どなたでも利用できる稽古場です。自由に、どこまでも考え続けることができる場所へ。atelier SENTIO のご利用やお問い合わせなど、詳細はこちらへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。