SENTIVAL! 2013 開催!
SENTIVAL!は、東京都豊島区にある小さな白い空間"atelier SENTIO"と、近隣のブラックボックスのアートスペース"SUBTERRANEAN"にて開催される、2008年からはじまった舞台芸術フェスティバルです。私たちはアーティストとアーティスト、観客と観客、そしてアーティストと観客との“交換”を大切にしたいと考えています。
公演スケジュールはこちら!  プログラムのGoogleカレンダーはこちら!
会場はこちら
atelier SENTIO アトリエセンティオ  >>地図はこちら
 (東武東上線「北池袋」徒歩3分/JR埼京線「板橋」徒歩6分)
SUBTERRANEAN サブテレニアン >>地図はこちら
 (東武東上線「大山」徒歩7分/都営三田線「板橋区役所前」徒歩3分)
※舞台公演のチケット予約は、各公演団体へお問い合わせください。
SENTIVAL!2013フリーパスについてはこちら。
NEWS!
SENTIVAL!2013、全プログラムが終了いたしました!
カンパニーそしてご来場のみなさま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七ツ寺プロデュース終演!



七ツ寺プロデュース『4時48分サイコシス/渇望』、あいにくの天気ではありましたが、各回盛況のうちに終演しました。

(写真は打ち上げ風景より)
スポンサーサイト

七ツ寺プロデュース - 4時48分サイコシス/渇望

nanatu2011
(写真は初演時より 撮影:構久夫)

七ツ寺プロデュース - 4時48分サイコシス/渇望

作:サラ・ケイン
演出:にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)

まるで日記のようだ、渇望したり、失望しながら、生きようとしている人間の記録。サラ・ケインの戯曲を読むといつも思う。よく言われる衝撃的な描写も客観性がとても高い。だからこそ、時に激しく、時に静かに心を揺り動かされる。だからこそ、言葉だけでなく、隙間からこぼれてくるものまで、丹念に拾い上げなければならないと思う。そうして浮び上がってくるのはきっと、遠い世界の話ではなく、現在を生きる私達の物語だからだ。
にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)

会場:atelier SENTIO

開演時間

 5/27(金)19:30★
 5/28(土)14:00 / 19:30
 5/29(日)14:00
  ★=終演後「トーク!」実施

料金

 前売 2,000円 当日 2,500円
 学生前売1,500円 学生当日2,000円

七ツ寺プロデュース

創立39年目を迎える名古屋の老舗小劇場・七ツ寺共同スタジオが自主事業のために設立した企画団体。先鋭的な劇作家や演出家とタイアップした、また他ジャンルにまたがるコラボレーション作品などの製作に取り組んでいる。代表作として、大須観音境内演劇『大須の杜のマンカイの下』(作・演出 進藤則夫 1997年)、『SPOOON』(構成・振付 山崎広太 1998年)、『りすん』(原作 諏訪哲史 脚本・演出 天野天街 2010年)などがある。

お問い合わせ・チケット取り扱い

七ツ寺プロデュース
 tel. 080-5291-0078(今井)
 mail. info@nanatsudera.org
 web. http://nanatsudera.org

歓迎!劇団市民劇場!



韓国から参加の劇団市民劇場の歓迎パーティより

atelier SENTIO prd.演目決定



SENTIVAL!2011 クロージングプログラムとなる、
atelier SENTIO prd.公演の上演演目が決定いたしました。

オープニングにて、ユニークポイントが上演した
『いのちもてあそぶひと』
を、クロージングでも上演いたします。

出演者は公募で集まった俳優とともに、
フェスティバルディレクターのひとり第七劇場・鳴海が演出を務めます。

ユニークポイント版をご覧になった方はその違いがお楽しみいただけます。
観られなかった方もぜひぜひご来場ください。

また、7.10の公演ではUSTREAMで生中継も計画中です。

公演詳細はこちら。
atelier SENTIO prd. 『いのちもてあそぶひと』

劇団市民劇場(韓国)開演しました!



韓国から参加の劇団市民劇場の公演が初日を迎えました!
SENTIVAL!初の海外カンパニー!

写真は若くて元気いっぱいの俳優たち。

公演詳細はこちら。
劇団市民劇場 - ペビチャンジョン
チラシ
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

atelier SENTIO < > Reload

サイト内検索

Appendix

プログラム詳細!

ユニークポイント(東京)
百景社(茨城)
LiveUpCapsules(東京)
サイマル演劇団(東京)
ブルーノプロデュース(東京)
 ※ワークショップ
七感弥広彰(フランス)
カトリ企画(東京)
満塁鳥王一座(福島)
ケムリノケムリ(大阪)
劇ツク(東京)
劇団渡辺(静岡)
劇団市民劇場(韓国)
雲の劇団雨蛙(島根)
激情コミュニティ(東京)
仙台シアターラボ(仙台)

トーク!

各団体公演期間中、その上演作品の演出家を中心にゲストを交えてのポストトークを実施します。作品についてや、裏話など、話題満載のトーク!にぜひご参加ください! 会場のみなさんからの質問も受け付けます。創り手と客席のみなさんが交流できる時間にしたいと思います。

>>詳細はこちら!

フリーパス

SENTIVAL!の全演目が観劇できるフリーパスを今年も枚数限定にて販売します。(WSは除く)

料金:10,000円
販売枚数:10枚
お申し込み:atelier SENTIO
 ticket@atelier-sentio.org
受付開始:4月1日12:00より
※規定枚数に達し次第、締め切らせていただきます。

>>詳細はこちら!

会場

atelier SENTIO
アトリエセンティオ
〒170-0011 東京都豊島区
 池袋本町4-29-10-1F
(東武東上線"北池袋"徒歩3分
 /JR埼京線"板橋"徒歩6分)
tel. 03-5951-8854
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
SUBTERRANEAN
サブテレニアン
〒173-0013 東京都板橋区
 氷川町46-4 B1F
(東武東上線"大山"徒歩7分
/三田線"板橋区役所前"徒歩3分)
tel. 080-4205-1050
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
携帯サイト
QR
携帯からもSENTIVAL!のプログラムを確認できます!
atelier SENTIO について
 atelier SENTIO は演劇人による創り手の視点にたった稽古場です。腰を据えて稽古ができることを最優先に、運営にあたっています。
 小屋入りを前にして、時間がない、場所がない、とあきらめていることってありませんか?センティオとはラテン語で全身で感じる、という意味です。「アトリエセンティオ」は空きさえあれば、どなたでも利用できる稽古場です。自由に、どこまでも考え続けることができる場所へ。atelier SENTIO のご利用やお問い合わせなど、詳細はこちらへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。