SENTIVAL! 2013 開催!
SENTIVAL!は、東京都豊島区にある小さな白い空間"atelier SENTIO"と、近隣のブラックボックスのアートスペース"SUBTERRANEAN"にて開催される、2008年からはじまった舞台芸術フェスティバルです。私たちはアーティストとアーティスト、観客と観客、そしてアーティストと観客との“交換”を大切にしたいと考えています。
公演スケジュールはこちら!  プログラムのGoogleカレンダーはこちら!
会場はこちら
atelier SENTIO アトリエセンティオ  >>地図はこちら
 (東武東上線「北池袋」徒歩3分/JR埼京線「板橋」徒歩6分)
SUBTERRANEAN サブテレニアン >>地図はこちら
 (東武東上線「大山」徒歩7分/都営三田線「板橋区役所前」徒歩3分)
※舞台公演のチケット予約は、各公演団体へお問い合わせください。
SENTIVAL!2013フリーパスについてはこちら。
NEWS!
SENTIVAL!2013、全プログラムが終了いたしました!
カンパニーそしてご来場のみなさま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団渡辺 『熊野 -近代能楽集より-』

watanabe09劇団渡辺  (静岡)
『 熊野 -近代能楽集より- 』

作 : 三島由紀夫
演出 : 渡辺亮史

出演 : 劇団渡辺


三島由紀夫が日本古典芸能「能」から題材をとった名作より一編「熊野」の、身体的一点から見た忠実な上演。男と女、人と他人との間にある絶望希望の壮絶さ。三島由紀夫の非日常的せりふ、息つまる身体表現、「能」に材を求めた様式による高熱的表現と、日常に生きる身体の低温度とを結びつける、劇団渡辺作品の一つの結実。



■開演時間  5月30日(土) 19:00 ★
           31日(日) 15:00
              ★=終演後「トーク!」実施
         ※開場は開演の15分前です。

■料金  前売 1,500円  当日 2,000円  学生 1,000円(要学生証)

■劇団渡辺 プロフィール

 静岡市内にアトリエを持つ劇団。劇場での舞台芸術活動の他、路上パフォーマンスやライブ活動等も行う。古典的戯曲に現代演劇の突破口を求め、全力での身体表現を信条とした作品に定評。代表作『セチュアンの善人(ブレヒト作)』『授業(イヨネスコ作)』ほか。劇場体験においては、悩みの共有ではなく生の活性化を目指す。

■お問い合わせ・チケット取り扱い

劇団渡辺
  Tel. 090-7687-3070 (劇団渡辺)
   e-mail. gekidanwatanabe@yahoo.co.jp
  URL http://www7a.biglobe.ne.jp/~gekidan-watanabe/
スポンサーサイト

「トーク!」 shelf

5/20からはじまったshelfの公演。
その3日目の22日に、SENTIVAL!2009、最初の「トーク!」を実施しました。

shelf・矢野さん、公演前の忙しいときにもかかわらず来て下さったK・A・Gの石井さん、
そしてSENTIVAL!のフェスティバルディレクターである山田さんと鳴海の4人で、
shelfの作品について、いろいろな議論を交わしました。

観客の方からも、いろいろなご意見やご質問をいただき、
最初の「トーク!」は、なかなかの滑り出しだったと思います。

矢野さん、石井さん、そして最後までお付き合いいただきましたご来場のみなさま、
ありがとうございました。

小さな空間だからこそできる、観客のみなさんの顔が見えて声が届く距離で、
作品や舞台芸術についてアトリエの中にいる全員での「トーク!」。
ぜひ、みなさんもご参加ください! お待ちしております。

次回の「トーク!」は、劇団渡辺公演中の、5/30 19:00の公演終演後です。

ごあいさつ

今、世界は不況です。

ただ、経済的な不安だけではなく、
何を信じ、何を拠り所にすべきか、という漠然とした不安が世界を覆っています。

私たちは、ますます演劇にできることを、考えるようになりました。

SENTIVAL!は、アトリエセンティオを舞台にした舞台芸術祭です。

私たちが目指すのは、
作品を通じ、作り手と観客が、共に語り合うことのできる時間の創造です。

センティオは、立派な建物ではないし、運営の予算だって限られています。

だけれども、そこに何かがある、そこで演劇の何かに触れられる、
そんな予感のする「場」になっていきたいと考えています。

―――SENTIVAL!で上演される作品と、ご覧いただく観客のみなさんが、
    そんな予感を、だんだん実感に変えていく。

今年も、そんなSENTIVAL!になりますように。

ぜひお越し下さい。

SENTIVAL! フェスティバルディレクター
山田裕幸 / 鳴海康平

たくさんのご応募ありがとうございました

公募しておりました、atelier SENTIO prd.公演の出演者ですが、
先日5/20の締め切りをもって、応募を締め切らせていただきました。

たくさんのご応募をいただき、まことにありがとうございます!

参加者のみなさんは、今後ワークショップなどを受けていただき、
作品製作を進めていきます。

どんな作品になるか、今からとても楽しみです。


フェスティバルディレクター 鳴海
チラシ
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
Twitter

atelier SENTIO < > Reload

サイト内検索

Appendix

プログラム詳細!

ユニークポイント(東京)
百景社(茨城)
LiveUpCapsules(東京)
サイマル演劇団(東京)
ブルーノプロデュース(東京)
 ※ワークショップ
七感弥広彰(フランス)
カトリ企画(東京)
満塁鳥王一座(福島)
ケムリノケムリ(大阪)
劇ツク(東京)
劇団渡辺(静岡)
劇団市民劇場(韓国)
雲の劇団雨蛙(島根)
激情コミュニティ(東京)
仙台シアターラボ(仙台)

トーク!

各団体公演期間中、その上演作品の演出家を中心にゲストを交えてのポストトークを実施します。作品についてや、裏話など、話題満載のトーク!にぜひご参加ください! 会場のみなさんからの質問も受け付けます。創り手と客席のみなさんが交流できる時間にしたいと思います。

>>詳細はこちら!

フリーパス

SENTIVAL!の全演目が観劇できるフリーパスを今年も枚数限定にて販売します。(WSは除く)

料金:10,000円
販売枚数:10枚
お申し込み:atelier SENTIO
 ticket@atelier-sentio.org
受付開始:4月1日12:00より
※規定枚数に達し次第、締め切らせていただきます。

>>詳細はこちら!

会場

atelier SENTIO
アトリエセンティオ
〒170-0011 東京都豊島区
 池袋本町4-29-10-1F
(東武東上線"北池袋"徒歩3分
 /JR埼京線"板橋"徒歩6分)
tel. 03-5951-8854
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
SUBTERRANEAN
サブテレニアン
〒173-0013 東京都板橋区
 氷川町46-4 B1F
(東武東上線"大山"徒歩7分
/三田線"板橋区役所前"徒歩3分)
tel. 080-4205-1050
 >>地図はこちら
 >>WEB SITE
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
携帯サイト
QR
携帯からもSENTIVAL!のプログラムを確認できます!
atelier SENTIO について
 atelier SENTIO は演劇人による創り手の視点にたった稽古場です。腰を据えて稽古ができることを最優先に、運営にあたっています。
 小屋入りを前にして、時間がない、場所がない、とあきらめていることってありませんか?センティオとはラテン語で全身で感じる、という意味です。「アトリエセンティオ」は空きさえあれば、どなたでも利用できる稽古場です。自由に、どこまでも考え続けることができる場所へ。atelier SENTIO のご利用やお問い合わせなど、詳細はこちらへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。